27000円あたりが天井になるか?

相変わらず、日経先物は強いですね。
3週間前ぐらいから、「先物買い」「プット売り」を繰り返しました。
高値を飛びつかず、徹底した押し目買いがうまくいきました。
上昇相場の定番トレードです。
これだけキレイな上昇トレンドなので、わかりやすいのもあります。


日経先物環境認識チャート



これだけ長いレンジを上にぶち抜いたので、そう簡単に上昇トレンドは終わりません
とりあえず、27000円はつけるように感じます。


ただそろそろ調整は入りそうにも見えます。
そこで反落するのかあるいは調整をはさんでさらに上をめざすのか?


売りでつかまっている人が多いように思います。
もしそうならば、簡単には下落しません。
仕手株あたりでよくみられますが、上昇途中で弱そうなところを見せながら、結局相当な高値があるパターンです


売り方をトコトン踏みあげたところが、とりあえずの天井になります。
日経先物も仕手株化したように見えます。


そろそろ上昇の最終局面だと思って準備しています。


追伸


レポート読者さんへ


そろそろ先物買いとプット売りの利食いを考えて下さい。
なんやかんや言っても、27000円は大きな節目です。
ただし、ドテン売りは考えません。
むしろ、ここから大きく下がるようなら、一回は「初押し」を狙う予定です。
そのシナリオは、今日の緊急レポートに書きます。
資金管理に余裕を持たせておけば、チャンスが続くと思っています。





×

非ログインユーザーとして返信する